沖縄滞在記 (11/7~11/21) 17日目 11月23日 お土産店を2店(オススメ) 老舗そば屋

今日は東京の家族にお土産を調達に国際通りをゆっくり歩きました。県庁から近い、左側の1階に「わしたショップ」があります。ここは沖縄県も出資する株式会社沖縄県物産公社の運営です。というくらいで品物にも値段にも信頼感があり、品ぞろえもあります。他のお土産屋さんでは見ることのまずない、例の波照間島の泡波もあるくらいです。(高いけど、ネットより安い) というくらいで沖縄在住以来の贔屓にしているお土産屋さんです。

わしたショップのサイトからお借りしました

今回調べたのですが「わした」とは昔から「私たちのコミュニティ」といった意味だそうです。

もっとも、包装紙がいるような改まった、泡盛などのお土産は県庁向かいの「りうぼうパレット」のデパ地下から発送します。

「わしたショップ」の2階には美ら海水族館のアンテナショップ「うみちゅら」が入っています。ここもGoodです。今日は初孫に、大きなジンベエザメのぬいぐるみ、ウミガメ、マナティのぬいぐるみ、かなり近い将来のための食器類、その他いろいろ購入しました。

娘に地元デザイナーのTシャツを購入しました。

雨の中、軽いけど大きな荷物をぶら下げて(袋がビニールで良かった)沖縄そばの老舗に向かいました。創業70年にもなると聞く「かどや」です。WWⅡで那覇はみんな燃えちゃったのですから、ひょっとしたら那覇で1番の老舗かもしれません。

いわゆる本ソーキ、固い骨です。白濁したスープはやさしく奥深い味でした。人気店のような、何かに特徴を持たせたそばではなく、ごくごく、普通の沖縄そばです。普通が一番かもしれません。

次に牧志の「てんぶす那覇」2階の那覇市伝統工芸館販売場に行きました。販売場のお向かいが伝統工芸館です。

首里織り、紅型(びんがた)、琉球漆器、琉球ガラス、壺屋焼き(やちむん)など立派な品物が揃っています。

ここでは家内に、迷った末に琉球漆器の堆錦(ついきん)という技法を使ったボールペンを買いました。伝統工芸士さんの作品です。 実は私の退職祝いの1つが蒔絵のボールペンだったことが決め手でした。

娘のダンナに買った泡盛をくるむエアクッションをおもろまちの100均で買って、大荷物なのでタクシーで帰りました。 ゆうパックで送るための荷づくりをしました。

ゆうパックで送る際、品名は詳細を極めます。「X線で見ますから」なんて言われて。お酒は度数、ml、まで記入が必要です。玩具と書くと「電池は?」と聞かれます。それとご注意。今、サンゴや貝殻は持って帰っちゃいけない条例があるのだそうで、伊計島で買った貝殻を入れたので「貝殻」と書くと、「購入物」と追記されました。クロネコの場合はわかりませんが、ご注意ください。

11月24日 18日目 に続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*