2018年11月西表島旅行(その1)

高校時代の友人が、この夏仕事で大変な苦労をしました。その彼から「沖縄、一緒に行かない?」と誘われました。

この夏、禁煙を果たした私に「沖縄、行こう」という誘いでした。私は15の夏から(高校からですけど)45年に及ぶ喫煙習慣から抜け出して3カ月というところでした。数時間の禁煙が嫌で、ずっと海外旅行は念頭にありませんでした、というほどのタバコ好きだったのです。

「お互い、ご褒美旅行」と云うことで、私が沖縄から帰って1年半の間で2度目の沖縄旅行が決まりました。

過去、彼とは多分5回、沖縄旅行をしています。というか、私の単身赴任先に毎年、他の友人たちと旅行に来ていたのです。

6回目ともなると、オタクと呼ばれることを誉め言葉と思っている私でも、訪れるところに迷い ①基本に戻って首里城あたり ②つい避けてきた戦跡巡り ③2度目の離島(離島の離島を含む) の選択肢を示しました。

すると返ってきた答えが、離島の離島の極み付け「波照間島」‼ でした。

今は飛行機はないと聞いていたので、土曜に行って、日曜に帰ってこれるのか、宿はあるのか、の調べから始まりました。

すると「フェリーの欠航率」が10月11月は、29%とか30%なことがわかりました。

石垣島まで行って「欠航」となった時に泊まるところはあるのかとか、欠航率が30%ということは行きと帰りで、「3割バッターが2打席のどっちかでヒット打つのと同じ確率だよね」と気づきました。日程に余裕がないと、決行に踏み切ることはできません。

それで波照間島はボツとなりました。泡波(波照間の貴重な泡盛)は断念してもらいました。

初めて訪れる土地の観光で、コンパクトに漏れなく楽しむには「観光バス利用」「ガイドさん利用」がとても有効なことを経験で知っています。ふんだんに時間があれば、右往左往も楽しみの一つなのですけれど。

私はとにかく、竹富島に半日はいたい、あの白い道をもう一度、ウロウロしたい、星砂を自分で探したい、という希望がありました。

あとはネットでツアーを探しました。

西表の「ケービング」と「星空」に目を留めました。ダイビングという選択もありましたが、ダイビングは前年の慶良間がすごく良くて、慶良間ブルーでトドメを刺した、という気がしていました。

結論を先に言うと、上記ケービングと星空のツアーはとても良くて、(幸運にも恵まれて)ここに紹介します。

https://iriomote-tour.com/plan/trekking044

https://iriomote-tour.com/plan/nighttour081

スタートがいずれも上原港です。なので上原港近くのホテルを予約したのですが、旅行前日まで欠航が続いていました。クルマで1時間の大原港には通常運行していました。

という波乱の幕開けとなった旅行でした。

2018年11月西表島旅行(その2)に続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*